02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

良好でした~ 

曇り 気温10℃ 水温14~15℃ 透明度10~15m ほぼ良好

またえらく寒い一日でしたねえ。夕方前には一時小雨もパラついてました。朝一は風が強くて注意オープンとなったようですが、潜り始める頃にはかなり収まって良好な感じでした~。昨日に比べて水温、透明度共に少し落ちましたが、これだけ見えてれば全くノー問題です。

3311.jpg
             Photo by やーた様

オクリダシのイロケロっちがいつの間にか復活してたんですね。マジビックリ。しっかりと体も大きくなってましたよ。相変わらず地面に落ちてるのが好きなようで、誰にも蹴り飛ばされないのが不思議すぎですわ。

3312.jpg
             Photo by やーた様

ナガレメイタガレイの子供だと思います。ちょっと訳アリでここ2週間ばかり探し続けてましたが、ようやく見つかりました。過去最小サイズでした。生意気にあくびしてる姿が何ともプリチーでしたわ^^
スポンサーサイト

[edit]

抜けたぁぁぁぁぁ! 

曇り 気温11℃ 水温14~16℃ 透明度12~20m  EN/EX注意のちほぼ良好

朝から今にも降り出しそうな空模様で、何とも寒い一日でした。海況は今日も次第に良くなって行くパターンでした。
遂に・・・水が抜けたぁぁぁぁぁぁ!透明度が一気に回復。午後は若干落ちましたけど、午前中のオクリダシは15m以上見えてました。これが今日だけのサプライズで終わらない事を祈るばかりです(-.-)

3301.jpg
             Photo by むーさん

予想外に視界良好だったので、急遽予定を変更して意気揚々と久々のブリマチ本丸攻め。
ヒノマルのペア キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
いや、ペアで見れる事は多いんですけどね、2丁刺しを決めた写真は初めてという気がします。2匹の絡みっぷりが尋常ではありませんでした。よくぞ撮って下さいました。やるわー。

3302.jpg
             Photo by むーさん

ブリマチといえばお約束のキツネダイ。今日は雌ばかり2匹ほどが見れました。けっこう流れてたんですけどねえ、何故だか気前良くビンビンに鰭開いて泳いでたんですよ。コイツらも視界が良くなって機嫌が良かったに違いない。

[edit]

黒潮近し 

晴れ 気温20℃ 水温15℃ 透明度10m EN/EX注意のちほぼ良好

暖かな一日でした。海のコンディションは昨日と同じような展開。午後になると静かになります。水温は15℃後半を記録。黒潮がすぐ近くまで来てるので、こっちまで波及してくれる事を願うばかりです。

3291.jpg

イトヒキコハクハナダイ。不毛な砂地に咲く一輪の華。

3292.jpg

オクリダシではシモフリセジロハゼが見つかりました。けっこう揺れてたので間もなく逃げられてしまいましたが、またその内に見つけるさー。

[edit]

ちょっと良い感じでした 

曇りのち晴れ 気温16℃ 水温14~15℃ 透明度10m EN/EX注意のちほぼ良好

この時期特有の、何だか分からないうねりが入ってきてました。午後にはけっこう収まりましたが、浅場はそれなりに揺れてましたね。水温が15℃台を表示し、透明度もちょっと良い感じでした。うーむ、これだけ見えてるとれ随分楽ですわ。

3281.jpg

最近鉄板となっているヒノマル2個体は、ほぼ同じ場所で変わらず鉄板なのでした。しかし今日は↑みたいな場所に収まってしまい、手の打ち様も無く詰んでしまいました>< なかなか都合良く丸出しとはいきませんねー。

3282.jpg

ニシキハナダイは相変わらずやたらと数が多いです。今期は特に当たり年って事なんでしょうか?今日はヒョロヒョロ泳ぎ回ってる奴までいましたが、コイツら水中が暗い方が良いんですかねえ?

3283.jpg

こんな時期にイシガキフグってのもアレですけど、どうしていつも成魚が出てくるのか不思議でなりません。良く考えたら幼魚って見た事ないんですよ。実はこのサイズが幼魚だったら・・・素で恐い。

[edit]

zzz・・・・・・ 

小雨のち曇り 気温12℃

本日店休日也。

[edit]

本気ですわー 

薄曇り 気温13℃ 水温14℃ 透明度5~8m EN/EX注意

濁りが本気ですわー。今この14℃の潮が一番濁ってるようですね。温かい潮が入ってくれば透明度も回復すると思うのですが、これがなかなか来てくれないんですよねー。毎日水に顔をつける瞬間、かなり祈ってる自分に気付きました^^;

3261.jpg

産卵前のサビハゼです。雌を巣穴に連れ込む直前の様子。石の下に産卵床を設けるタイプのハゼは、一連の行動が全て同じ感じなのですが、IOPではサビハゼは無駄に深いので、こういう生態なかなか見れないんですよ。今日はMAX浅い深度で見れたのがラッキーでした。

3262.jpg

んで、産卵となりましたが、もうバフバフしすぎるもんだから濁りまくり^^; 卵を見せてくれないのはお約束なので、ここで終了。ハッチまで10日程度でしょうか?

3263.jpg

キレイな皿が落ちてたので、ウミウシ君を盛り付けてみましたw

[edit]

ナイト並み 

曇り一時雨 気温12℃ 水温14℃ 透明度8m弱 ほぼ良好?

風波でエントリー口はバシャバシャした様子。浅場は終日揺れた感じでした。重苦しい空が広がり、濁りが増した事もあって水中は暗~い雰囲気なのでした。

3251.jpg
            Photo by やーた様

ちょっとしたナイト並みですよ、今日の暗さは。
おサカナもやる気なくしちゃって、夜間色出して普通に寝ちゃってるんですよ、もう。

3252.jpg
            Photo by やーた様

もうwww

3253.jpg
            Photo by やーた様


チゴハナダイは起きていてくれましたw でも何だか動きがまったりした様子でしたねえ。お陰で数多くシャッターは切れたようですけど。

3254.jpg
            Photo by やーた様

浅場は揺れが激しくて、↑アヤアナハゼのチビなんぞを狙うのも一苦労。ホンダワラの揺り篭でユラユラ~っていうのが理想ですが、今日はただのジェットコースターw よくぞ撮ってくれましたわー。

[edit]

割と抜けてました~ 

曇りのち晴れ 気温15℃ 水温14~15℃ 透明度10m前後 ほぼ良好

時間帯によって透明度がかなり変化してましたが、全体的には悪くない印象でした。この位見えてると随分楽ですねー。海況もまずまず良好で、良い一日でした。

3241.jpg

砂地をゆっくり回っていたら、ホウボウの子供が2匹ほど見つかりました。春らしいですねー。これから更に色々と見つかるようになると、砂地が盛り上がってきます。
岩礁域ではダンゴウオを探してみましたが、空振りに終わりました。そろそろ出ても良い頃だと思うのですが、なかなか思うようにはいきませんわ。
アヤアナハゼがまた産卵していて、素でズッコけました。さすがにこれで最後だと思いますけど^^; 前回の卵も無事にハッチしたようなので、今回も見届けてみますー。

[edit]

急遽 須崎へ 

晴れ 気温17℃

IOPは問題なくオープンした模様ですが、本日は急遽、須崎へ行く事になりまして、4日前に行ったばかりなのに再び遠征なのでした~。ひとまず6月いっぱい位までは、折を見て伺おうかと思っています。行ってみたいという方はご相談下さいませー。

3231.jpg

今日も九十浜のみでしたが、前回よりも「より遠く」「より浅い」所をじっくり見てきました。少しずつ散策エリアを延ばして行きたいです。
先日見たサカナ達は軒並み押さえる事が出来ました。チャガラは数が少ないんですけど、今日はバッチリでしたね。かなり意外な場所で見つかりましたわ。

3232.jpg

コモンイトギンポ。勢い良く逃げてゆくのでけっこう強敵です。コイツらの闘争とか激熱なんでしょうね。見たいなぁぁぁぁぁ><
今日一番の収穫は、ココはセジロハゼ系がかなり多いという事実を突き止めた事です。今日は個々の判別までは出来ませんでしたが、あの個体数にはビビりましたわ。同じ環境で、よく分からんサカナも幾つか見つかったので、次回はより時間を掛けて超浅場も暴露して行きたいものです。

[edit]

暖かいですね~ 

晴れ 気温19℃ 水温14~15℃ 透明度8弱~15m 良好

毎日暖かいですね~。3月に入ってから室内で暖房をほとんど使ってません。水はまだ冷たいですけど、陸が暖かいだけでかなり楽です。
海況良好。透明度は変わらず通常運転でしたが、やはり午後の方が若干キレイでしたー。

3221.jpg

もう3月も下旬だというのに、こんなに小さなイトヒキハナダイを見てしまいました。随分と遅生まれだったようです。何だか得した気分でしたわー。

3222.jpg

エントリー口ではイダテンカジカのチビが出始めてますね。転石の上をよーく見てると目に入ってきます。浅すぎて揺れとの闘いになりますが、ベタ凪ってなかなか無い時期なので、そこは我慢。育ってしまう前に押さえておきたいですねー。

[edit]

zzz・・・・・・ 

晴れ 気温14℃ 

本日店休旧也。

[edit]

午後は16℃出ましたー 

曇りのち晴れ 気温20℃ 水温14~16℃ 透明度8弱~12m ほぼ良好

思いのほかうねりが残りましたねー。浅場はかなりの揺れ具合でした。最近は水温、透明度共に午後の方が上がる傾向にあるようです。浅場では16℃が表示されて嬉しかったです^^

3201.jpg

本日ノーゲストだったので気楽に行って参りました。
ホタテエソが密集気味で良い雰囲気に見えたのですが、ここで恐怖のドハマり。何だかドラマが起きそうで全く何もないという、取り返しの付かない結末なのでした>< ヒネリもオチも無いという・・・どーすんのよ、コレ?ここでほぼ全てが終わってしまった泣ける展開。気楽に行き過ぎましたw

3202.jpg

去年から始めたメバルっ子の調査が継続中。今期は少しずつ数が増えてますけど、まだまだ少ないですねえ。ムツタカベのチビが群れに混じってると、一緒になってビュンビュン逃げ回るので、メバルオンリーの群れを相手にしないと厳しい展開になります。↑はクロメバル。どいつもこいつも頻繁にあくびをするのが印象的。もう少し揺れのない日に狙いたいんですけど、この時期はベタ凪ってなかなか来ないんですよねー。

[edit]

いざ遠征~ 

晴れ 気温26℃ 潜水禁止

3月で夏日とか素敵過ぎますね。しかし昨夜の暴風雨の影響でうねりが残り、IOPはクローズ。明日は良さそうですけれど。まぁ閉まるとは思っていたので、今日は車を一時間ほど走らせて計画通り須崎へ行って来ました。こっちもうねりが心配でしたが、海況はまずまずの凪。透明度も予想外に良くてラッキーでした。

3191.jpg
            Photo by やーた様

折角なので、普段見れないおサカナ達がいっぱい居る海という事で行って来ましたが、実に10年以上ぶりなのでした^^; 
スイが普通にプカプカ浮いてるんですよねえ。この時点でいきなり刺さりまくり。普段外海専門のワシらにはマジで熱いですわー。
ダンゴウオは数が多すぎて逆に萎えました。分かっちゃいますけど、居る所には山盛り居る訳ですね(´Д`)

3192.jpg
            Photo by やーた様

IOPでは見れないキヌバリも山盛りですねー。大きいのからスケルトンなのまで、堪能させて頂きました。
キヌカジカとかシブすぎるサカナですけど、この辺も地味に熱い。恐るべし九十浜ビーチ。

3193.jpg
            Photo by むーさん

IOPでは見れなくなって久しいスナビクニンも普通に見れました。何年ぶりかいな?あれだけ海藻がジャングルになってる環境は羨ましいですねー。
イワアナコケギンポが見れるとは思ってませんでしたが、こっちでは普通種なんだそうです。この辺はもっと見つけたかったですー。次回以降に期待!

3194.jpg
            Photo by むーさん

ヤナギアナハゼも普通にプカプカしてましたが、コイツもIOPでは激レアですわー。普段ここを潜ってる人はスルーなんでしょうけどね^^;
ヒメスイもそこそこの数が見れました。シャイなのでなかなかじっくり見せてくれませんでしたけど、ひとまず撮れる個体に出会えただけで今日は良しとしましょう。

何から何まで目新しくて激熱でした。今日みたいな日に、また気分転換でその内に行きますかー(゚∀゚)

[edit]

うねり~ 

曇りのち晴れ 気温20℃ 水温14℃ 透明度8m 潜水注意

午前中に一時ザーザー降りになった時は焦りましたが、それ以外は暖かくて過ごしやすい一日でした。海況はまさかの潜水注意。海上は相当風が強かったようで、うねりがしっかりと回り込んで来てました。透明度は特に劇的な変化も無く、通常運転といった様子でしたー。

3181.jpg
             Photo by やーた様 

アカオビコテグリがポツポツと目に入ってきましたが、さすがにシーズンオフとあって活きの方はいま一つ^^; あと2~3ヶ月もしたら面白くなりそうですけど、今年も熱いシーンを期待しています!

3182.jpg
             Photo by やーた様


メバルっ子が元気ですねー。クロメバルアカメバルのチビが入り乱れてプカプカ浮いてます。↑はアカメバルの方ですね。IOPでは比較的数の少ない種です。今日はうねりで厳しいコンディションでしたが、気合いで撮って頂きましたー。

[edit]

昨日より回復してましたー 

曇りのち晴れ 気温17℃ 水温14℃ 透明度8~12m 良好

昨日に比べて水は随分と良くなってました。これなら結構機動力が得られますねー。明日以降どうなるのか非常に気になるところです。
今日はちと時間が無くなってしまったのでテキストのみで簡単に更新させて頂きます。
浅場を中心にカエルアンコウばっかりを訪問してきました。ベニカエルイロカエルオオモンカエル、広範囲に多くの個体が点在しています。
クロメバルアカメバルの子供も次第に数が増えてきましたね。去年は少なかったので、今期はモリモリ増量していってほしいですねー。

[edit]

本気ですねー 

晴れ 気温17℃ 水温14℃ 透明度5~8m 良好

南西の風がビュービュー吹くような予報が出てた気がしましたが、日中はほぼ無風。お陰でポカポカな一日でした。海況は良好。春濁りが本気ですねー。午前中は昨日より一層増した感じになってました。午後は幾らか良くなってましたけど、妥協なく緑色です~。

3162.jpg
       Photo by こいちゃん

当てにしていたヒノマルナガシメベニハゼが悉く瞬殺という、泣ける展開でした。とにかく引っ込みやすい系がシブい一日な訳でしたが、↑フトスジイレズミハゼはかろうじてご機嫌な様子。1個体しか出てませんでしたけど、惨敗しなかっただけ良しとしましょう。その内にしっかりリベンジかまして頂きたいものです。

3161.jpg
       Photo by こいちゃん

アオサハギがやたらと当たりました。狭い範囲内で雄も含めて4個体以上は見ましたね。ていうか、いつもこの辺に居るんでしょうけど。色んなトサカに絡めまくりで、もうやりたい放題。組み合わせ色々でグッサリ刺さって頂きましたが、一番春っぽかった↑を一枚だけアップさせて頂きます~。

[edit]

だいぶ静かになりましたー 

曇り 気温11℃ 水温14℃ 透明度8m弱 ほぼ良好?

海況は随分と回復しました。まだうねりは残ってましたけどね、ひとまず問題なく潜れる感じです。透明度は変わらずといった様子でした。パッと見の印象は5m位に感じるかもしれませんが、下の方は若干良い感じでしたね。

3151.jpg

しばらく遠征は見送りとなりそうですが、ポイントを休ませるのも大事ですので良い方向に考えましょう。
イトヒキコハクハナダイの溜まり場をチェックしてきました。暗いせいか今日は↑雌雄1個体ずつのみ。雄はそもそも1個体のみですけど^^; その雄が、少し良い色が出てたんですけどねぇ、撮る時には残念ながら醒めてしまいました。浮遊物を嫌って寄り過ぎたのが失敗でしたねー。まだ時期では無いので、焦らず待ちましょう。

3152.jpg

ブチススキベラの子供が普通に泳ぎ回ってますけど、改めて考えると凄いなw
ここ数年は越冬率100%ですよ。秋には成魚クラスも見るようになってきたし、今現在ヒラヒラ系の超チビまで居るんだからビビりますね。↑は確認してる中では一番大きい個体で、5cmくらいのヤツです。餌喰いまくりで順風満帆。近い将来、雄とか見れちゃったりするんですかねえ?軽く胸熱。

[edit]

閉まりました 

雨のち曇り 気温8℃ 潜水禁止

予報通りナライが強く、クローズしました。
明日以降に期待!

[edit]

春っぽくなりました 

晴れ 気温16℃ 水温14℃ 透明度8弱~10m 良好

いやガッツリ景気良く濁りましたねえ。水が一気に緑色になりましたわ。まぁ毎年恒例の行事なので仕方無いのですが、心の準備が出来てないと焦りますねw 急遽予定を変更して別ルートへ。今日くらい見えてれば、まだまだ普通には潜れますけど、この先どう変わってゆくのか気になるところです。

3131.jpg

慌しくコース変更して行って来ました。少し降りると順調に暗いですね。しかしこうなると、いよいよ深海からの使者の期待感が高まってきます。
↑行き当たりばったりで見つけたサギフエ
今期はまだ数が少ないです。腰を据えて集中して撮ろうと思ったのですが、間もなくピューっと泳ぎ去ってしまいました。サギフエに逃げられるって何それ。こんなアタイを笑うがいいさ><
ていうか・・・サギフエ君もさぁ、正直こういう日は更新するネタに困るんだから、もうちょっとゆっくり撮らせてよ。少しくらい空気読もうよ、いやホントにマジで。

3132.jpg

ヒラメが繁殖期で、ペアがポツポツ見つかります。
↑は雄なんですけどね、目線の先にお腹の大きな雌がいるんですよ。画角に収まらないから割愛。
んで、それを少し見てたら、雄が10秒に一度くらい背鰭を全開にして小刻みに震わせるんですよ。これってもしかして・・・求愛なのか?ヒラメの求愛とか、うっかり漏らしそうなほどマニアすぎるwww
もうね、釘付けですよ。機敏にビチビチと背鰭を動かし続ける様子にグッサリ。しかし写真では全く伝わりませんな、コレ。よぉし、カメラの動画ボタンをオーン!!!・・・って、旧式のカメラにそんな機能無かった><

[edit]

濁り到来? 

晴れ 気温16℃ 水温14℃ 透明度12~15m ほぼ良好

午後から南風が鬼のように吹き荒れました。海況は終日まずまずの良好。水温がしっかり1℃ダウン。そして透明度が低下。浮遊物が一気に増えた感じでした。今年もそろそろ来ますかねー?

3121.jpg

シロオビハナダイの雌を一点集中狙い。成熟したお色気満点の個体です。一歩間違うと雄になりそうな感じの立派な雌なのです。
大体いつもは瞬殺で終わるんですけどねえ、今日は何故だか出まくりなのでした。とは言っても、相変わらず向きが厳しい場所ですね。粘った割には思うような結果が出なくて、ちと不完全燃焼。90度くらいのファインダーがあれば一撃で決着付きそうですけど。

3122.jpg

↑3m近くありましたけど・・・何これ恐い。

[edit]

zzz・・・・・・ 

晴れ 気温12℃

本日店休日也。

[edit]

良い週末でした♪ 

晴れ 気温23℃ 水温14~15℃ 透明度15~25m 良好

今日も気温が高くて西風ビュービュー、花粉の飛散量が鬼すぎます>< とっきーさん一日中ボーっとしてて、反省会の時に記録メディアと間違えてカメラのバッテリーを手渡されたのには素でズッコけました。正気か、おい(・。・;
海況はベタ凪の良好。海は素晴らしいコンディションでしたー。

3101.jpg
             Photo by むーさん

テレラブルスが相変わらずの鉄板です。心なしか色が揚がってる様な気がしますが、大きな変化はなし。この先どうなるのかマジで興味津々なんですけど、後どれくらい同じ場所に居ついてくれますかねー?今日は微妙に引っ込みそうな状態が続き、イマイチ寄りきれなかったようです^^;

3102.jpg
             Photo by とっきー様

午後はロマンを求めて一発勝負の旅路。チゴハナダイが出たのが収穫でした。ちょっと小振りでしたが色の濃い個体でした。そんなに動く筈はないんですけど、いつも出ている訳ではないのが辛いところです。
イトヒキコハクハナダイの雌雄もチラ見してきましたけど、雄はなかなかの成熟ぶり。水温がもう少し上がってからが熱そうですねー。

3103.jpg
             Photo by むーさん

黄金ヒラメで金運アップw

[edit]

ポカポカですね~ 

晴れ 気温22℃ 水温14~16℃ 透明度15~25m 良好

何月並みなんですかね、この暖かさは?お陰で体の調子がすこぶる(゚∀゚)イイ!!
南西の風が程好く吹いて海況はベタ凪の良好。午前中の水温は昨日より1℃落ちていて若干萎えましたが、午後には戻っていたのでホッとしました。

391.jpg
            Photo by スズナオ様

アサヒハナゴイのチビを撮って頂いたのは久し振りです。まぁチョロチョロと元気良く泳ぎまくってましたが、見事なロックオンです。鰭の色味がマニアにはたまりませんなあ。今日はコウリンハナダイの雌も狂ったように泳ぎまくってましたけど、全体的にサカナのテンションが高めな感じなのでした。

392.jpg
        Photo by スズナオ様  

相変わらずカエルアンコウ系が充実してますね-。イロだのベニだのオオモンだのと、この時期になっても新たに見つかる個体もいるからマジでビビりますわ。↑はオクリダシの小さいイロ。いつもは海藻に埋もれて見づらいんですが、今日は珍しく良い所に付いてましたねー。

[edit]

花粉本気すぎ>< 

晴れ 気温20℃ 水温15~16℃ 透明度15m 良好

西風ビュンビュンですよ、もう。花粉が飛びまくって目が痒いぃぃぃぃぃ><
海況は良好。水が少し白っぽくなって透明度が低下気味でしたが、水温は今年初の16℃を記録。順調な上がり具合ですねえ。ここ数年は春先の水温が低めでしたが、今年はかなりご機嫌な感じですー。

g381.jpg
            Photo by イーダ様

水温が上がってきて南方系のおサカナ達は安堵している事でしょう。明らかに動きが活発になってきてます。
オグロベラの雌
今日は記録的に浅い場所で見つかりました。同じエリア内に数個体が生き残ってるので、こりゃ夏には雄確定かいなー?近場のポイントで雄って何年も見てないので、実に楽しみですねー。むふぅ、青光りした雄の姿を想像しただけで胸が熱くなる。

g382.jpg
       Photo by イーダ様

アオサハギがポリプ全開のトサカに付いてました。
2匹いたんですけどね、強引に絡めると逆に悲惨な結果になりそうだったので、敢えて単体で勝負して頂きました。明日もココに居てくれたりするんですかねぇ?かなり居心地良さ気だったので期待は出来そうですが、トサカが元気じゃないと意味無いので、何気に条件が厳しいです。

[edit]

急用で 

晴れ 気温18℃

素晴らしい陽気でした。朝からピーカンで絶好の潜り日和なのに、急用で海に出れませんでした><

[edit]

コメント殺し 

晴れ 気温12℃ 水温14~15℃ 透明度20~30m ほぼ良好

ここ何日かで急に花粉症がひどくなってきました。今年は随分楽だなあ、なんて胡坐かいてましたけど、大アマでしたね><
海況はまずまず良好でした。浅場の水温は今日も何とか15℃を表示してましたけど、明日あたりはまた逆戻りしそうな気配も。黒潮パワーを注入してほしいものです。

351.jpg

風邪が治りきらなくて、今日は耳が抜けづらくて困ったモンです。意味不明なコース取りというか、妙な潜り方になってしまいました。
キビレカワハギ。まだ子供です。
コメント殺しなシブさです^^; 親は最近見てませんが、子供はポツポツ目に入ってきます。恐ろしくマイペースなサカナで、まず逃げる事はありません。ある意味ゆるキャラの資格は満たしてますけど、どれだけ見ててもやっぱり癒されませんわー><

352.jpg

ネコザメの子供がポツポツと落ちてますが、久し振りに撮ってみました。
親は時々泳ぎ回ってたりしますけどね、子供が動いてる姿って見た事ありません。いつも殺伐としたところにポトリ、と。だからこうやって普通に撮ってしまうと、後は正面だとか眼のアップとかしか思いつかないんですが、たまにはトサカによじ登ってるヤンチャな奴とかいないもんですかねぇ?想像しただけで萌える。

353.jpg

冬場は消えて無くなりそうなほど体色が薄れていたイナズマベラの雄ですが、最近急に蘇ってきて↑みたいな健康体に戻ってきました。
近年は多くのベラの越冬率が上がってきてますが、雄はまず落ちるんですよ。雄の方が強いイメージがありますが、縄張り保持とかで体力を消耗してしまうのか、越冬はまずしません。幼魚はそもそも体力が無いのでやはり落ちる。その真ん中を行く雌成魚が越冬率高いんですねえ。ゆる~く生きるのが長生きのコツのようです。しかしイナズマベラは雄も普通に越冬してしまうので、コイツの耐寒性能はかなりのものなんでしょう。この時期、閑散としたオクリダシで唯一輝きを放つ存在ですわ。
それにしても、ベラの成魚と闘うのは独特の味わいがありますね。妙に狩猟本能を掻き立てられるというか、ハナダイとかを撮るのとは全く別の感覚。闘い方も全然変わってきますけど、一癖も二癖もある連中なので、それも燃えてくる理由なんですかねぇ?
 

[edit]

モバゲー 

晴れ 気温10℃ 水温14~15℃ 透明度20~30m ほぼ良好のち潜水注意

ナライがビュービューですよ、もう。朝一は大した事ありませんでしたが、昼頃から思いっきりうねりに変わって海況激変。訳分かりませんわー。浅場の水温が上がっていたのは嬉しかったです。

341.jpg

珍しく朝から快晴でした。そして下の方は非常に緩く潮が掛かってる・・・これって、ハナダイやるにはこれ以上なくベストなコンディションなんですよ。皆テキトーに散らばって、プカプカ漂いながら流れてくる餌をパクパク食べてるから寄りやすく、明るくてターゲットライトも不要なので余計な警戒心を与える事もない訳ですね。日頃から天気の事をうるさく言ってるのはこういう事なんですけど、ワシは人より少しだけ深く潜る事が多いようなので大事なんです、はい。いや今日はホントにベストな環境でした。
↑はアサヒハナゴイですが、一昔前に比べてやたらと数が増えました。チラッとでも見れただけでラッキーなサカナだったんですけどねえ。ミナミハナダイなんかも地味に数が増えてきてますが、やはり下の方も少しずつ平均水温が上がってきてるのが影響してるんでしょうか?
てか、今日は他に狙いがあった筈なのに、降りる途中で刺さってしまい、結局ここで終了~。まぁいいか。後日改めて行って来ます。

342.jpg

いよいよ春めいてきて、藻場を散策して遊ぶのが超楽しいですねー。巷で既に大流行なのは知ってます。「藻場ゲー」ってテレビのCMでよくやってますね、はい。流行には人一倍敏感な男です(`・ω・´)
↑はアヤアナハゼのチビですかね?ホンダワラ大好きっ子です。普通は揺り篭でゆらゆら~な感じが気持ち良さ気ですが、今日はうねりに吹き飛ばされまいと必死な様子でした^^; 
それにしても、昨日産卵を見て今日は幼魚ってやっぱり絶対おかしい・・・しかし、昨日の卵が無事にハッチしたら、こんなチビが6月頃でも見れる算段が立つ・・・何気にオイシイかも。

[edit]

さかなやクオリティ? 

気温7℃ 水温14℃ 透明度20強~30m ほぼ良好のち良好

さっき気付いたんですけど、右上に日付が表示されてるので、もういちいち書かなくても良いんですねw
まぁ、ぼちぼちと慣れていきます。って、さっきコレ書いてて、ほぼ終わりまで行って間違って全消去した時には半泣きでしたけどね>< こんなアホな文章2回も打ち込んでる自分の姿が更に泣けてくる・・・。

海況は随分と落ち着きました。午後はほぼ凪状態。昨日の荒天の影響で浮遊物が若干気になりましたが、透明度自体は変わらず好調をキープ。
今日は近場のみをじっくり行ってきましたー。

331.jpg

イトベラの雌です。
まずはコイツをじっくりやった後、セグロイトベラを攻めるという華麗なコンボを夢見てましたが、肝心のセグロイトベラが消えてるよぉぉぉぉぉぉぉぉ>< 何この駄目すぎるさかなやクオリティ?この展開どーすんのよ、マジで?って自分にツッコミ入れる羽目になりましたが、おかしいなぁ、先日まではちゃんと居たのになあ。

332.jpg

んで、弱気に固すぎるフタホシキツネベラへw
しかしコイツもアレですね。今じゃすっかり普通種ですよ。昔は越冬したのを見て喜んでたモンですけど、現在はいつもの顔ぶれです。クリーナーが増えて在来の種達も喜んでいる事でしょう。

333.jpg

クリーナー繋がりで、ムスメベラのコロニーを訪問。
いつもはミギマキやらシラコダイやらが集まっているのに、今日は閑散とした様子。仕方無さ気に海藻に顔突っ込んで自分達で餌を探してました。この時期は体色が普通過ぎるので、早く繁殖期に入ってギラギラ盛ってほしいものです。はい。

334.jpg

オクリダシでタムラさんにお呼ばれされたので行ってみると、アヤアナハゼが産卵モード。
もう3月だぜ・・・さすがに産まんだろ・・・と半信半疑で見ていたら、間もなくモニモ二腰振って産み始めました(・。・; これだけあっさり産むのも珍しいw 最近はサカナ達の産卵期が大きくずれてきていて、今までのセオリーが当てはまらなくなって来てますけど、今日の↑にはさすがにたまげました。
ホントに卵出てんのかぁ?とカイメンを覗いてみたら、ちゃんとある・・・(画面右下)。こうなったら、ハッチまで観察し続けるしかありませんな。

[edit]

クローズ 

3月2日(SAT) 晴れ 気温11℃ 潜水禁止

うむぅ、朝見たらイケると思いましたが、クローズとなってしまいました。
途中で引き返して頂いたゲストの方、すみませんでした(´;ω;`)

[edit]

最高潮! 

3月1日(FRI) 晴れ 気温14℃ 水温13~14℃ 透明度25~40m 良好

気温が上がっただけで、水がやたらと温かく感じるんですよ。理屈は分かりませんが、こうまで違うものか、と。水温自体は変わってませんが、体感温度はかなり上がってきてご機嫌です。毎日これくらい暖かければ楽ですねー。
海況は良好。朝はうねりが残ってましたが、次第に西風が強まってベタ凪に。透明度が今期最高潮!3月に入ってこの展開になるとは全くの予想外ですが、水の青さが尋常ではございません。地の果てまで見えそうな勢いでした。

 01.jpg

ナガシメベニハゼが良い場所に付いてました。認識しづらい種なので、これが凄く重要なんです。
一時よりもかなり育った印象がありました。現在何個体いるのかがわかりませんけれども。



02.jpg

メバル各種の出産が近付いてますが、トゴットメバルも↑みたいにお腹パンパンなのが中層にいっぱいです。
もうすぐ子供達が出てきますが、コイツらのチビは遠目にアサヒハナゴイそっくりなので、気をつけないと騙されます。おおっ、あそこでアサヒがわんさか群れてるよ、みたいなw

03.jpg

ここ数年で、コブダイの数が地味に増えてきてますよね、間違いなく。出会う頻度が普通じゃないんですよ。3匹で徒党を組んでたりもするし。こういう大きいのがコンスタントに見られるのは良い事ですが、後ろからピッタリ付いて来るのはやめて欲しい・・・。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。