05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

 

「さかなや炎のログ」は下記URLへ移転しました。
            ↓↓↓
http://divecompany.blog.fc2.com/

引き続きよろしくお願い致します。
>゜)))彡

スポンサーサイト

[edit]

この水は・・・ 

6月10日(火)

晴れ時々曇り 気温25℃ 水温19~21℃ 透明度3~8m ほぼ良好

おおむね快晴。うねりも随分と収まって、海況はまずまず良好といった具合でした。それにしても、この水は・・・先日の豪雨の影響もあるんでしょうけど、純粋に春濁りパート2という気がしてなりません。浅場はクリーミーな色合い、少し降りると見事に緑色なんですよねー。
水温は19℃台。午後は-4m以浅に21℃の温かい潮が入ってきてました。この潮も濁り具合は変わらずでしたけどw

1406101.jpg

お腹パンパンのアカオビコテグリの雌。すぐ横にも居たんですけど、さすがに早朝から求愛とか見れるはずも無く、雌の方が鰭を開きまくっていたので、こっちに刺さってしまいました。コイツの産卵も狙いたいんですけどね、IOPでは深すぎて厳しいですわー。
この時に深場から16℃のスーパークリアな潮が一気に上がってきて、30mくらいスコーンと抜けたんですけど、間もなくサーっと深場へ戻って元通りになってしまいました。もう気のせいだったと言うしかないレベルw

1406102.jpg

こっちはチビヌメリの雄。誰にも相手にされませんけど、IOPではごく普通種。去年のサンセットで、うりゅ-師匠とコイツの産卵を狙って大敗を喫した苦い記憶がありますが、それが未だにトラウマなのよね>< 20時エキジット位じゃないと見れる気がしないので、現状では封印ネタになってしまってます。とか言いながら、「去年見れなかったのは冷水のせいだ」とか理由つけて、また大火傷覚悟で懲りずに挑んじゃうような気もしますけどヾ(゚Д゚ )ォィォィ

1406103.jpg

シズミイソコケギンポを見ていたら、横の岩に↑アライソコケギンポが乗ってました。って久し振りに見ましたわ。一般的にはごく浅場で見れるそうなんですけど、IOPではコケギンポ系がとにかく深い・・・普通にディープダイビングの領域です。世界で一番深いんじゃないの?なんて思ってしまいます。こういう他とは生息環境が異なるのが多々ありまして、「IOPルール」とか呼んでますけどね、こんなん-30mとかで指されても皆さん困りますよねーw

[edit]

zzz・・・・・・ 

6月9日(月)

晴れ 気温24℃

本日店休日也。

[edit]

スタッフ研修 in 富戸 

晴れ 気温27℃ 潜水注意

ようやく雨が上がりました。朝からまさかのドピーカン。青空を見たのが久し振りどころか、乾いた道路を見るのも久し振り~。朝からテンション↑↑でございました。
今日は須崎へ行く予定でしたが、大雨の影響で中止となり、またIOPの海況も怪しい感じだったので結局ノーゲスト。図らずもスタッフ研修日となってしまいました。うねりが驚異的に収まってIOPがまさかの注意オープンとなりましたが、昨日から何だか富戸へ行く気満々となっていたので、迷わず富戸へ直行~。まぁこういう機会も逆に大事なので、アウェイ感は半端ございませんでしたが、集中して行って参りました。
現場では富戸の主、石田ご夫妻にエスコートして頂きまして、ズカズカ押し掛けたのに丁寧に面倒を見て頂き、大変感謝しております m(_ _)mペコリ

1406081.jpg

まずはナベカの観察という事で行きましたが、数人で見るには狭い感じだったので、横に外していたら↑ヒメハゼなのか何なのか分かりませんが、そこら中で闘ってるんですよ。でも、よく知らない場所で知らないサカナという事で状況が全く理解できず、イマイチ熱くなりきれない自分がいるのよw いつも闘ってるのか、アイツら・・・?

1406082.jpg

んで、ちょっと進んでみたら↑ハナビヌメリでしょうか?これも激しく闘ってました。うむぅ、ここは戦闘民族達の集う場所なのか・・・?今振り返ってみると普通に激熱すぎて慌ててしまいます。一日では全然意味が分からないので、今度IOPがクローズの時は率先して富戸に来てみようかなぁ。

1406083.jpg

合間にメインのポイントも潜ってみましたが、こっちは恐ろしくニゴニゴで間もなく撤退。カワハギの産卵だけ見てきましたが、あの濁りじゃ全く写真にならんのーw

今日は自分のカメラの寿命が近付いてるのを感じてヘコみぎみな一日でしたが、今まで知らなかった富戸の一面が見れて大変充実した時間が過ごせました。フィッシュウォッチングって、何でこんなに楽しいんでしょうねー。

[edit]

どんだけ降るんですか 

6月7日(土)

雨 気温19℃ 潜水禁止

1406071.jpg

もう丸二日間くらい降り続いてるんですけど、もう何これw
海も景気良く荒れています。しかしそれよりも、見た感じ水の色がかなり微妙な様子でして・・・こっちの方が気になりますわー。

[edit]

降りすぎw 

6月6日(金)

雨 気温19℃ 潜水禁止

鬼のように降り続いてますけど、何なのマジで?梅雨とは言っても降りすぎですw
明日も思わしくありませんねー。ナライがしっかり吹く予報になってしまいました。あきまへーん。

[edit]

まずまず晴れて 

6月4日(水)

晴れ 気温24℃ 水温17~20℃ 透明度5~10m 良好

今日も割と良い天気で助かりました。明日から荒れ模様となりそうですけど、今のところ週末は大丈夫そうですねー。
海況は今日も超ベタ凪。濁りが一層厳しくなっていたのに泣けました。ごく浅場の20℃のエリアだけは10mくらい抜けてるんですけど、ここらで本格的に黒潮パワーを注入して欲しいところです。

1406041.jpg
             Photo by やまざき様

アカイソハゼが旬ですねー。毎日バリバリに発色したヤツを探すのが楽しみです。なかなか良い向きで居る個体は見つかりませんが、そんなのに当たった時にはグッサリ刺さるのが吉~。

1406042.jpg
             Photo by たにぐち様

1番先端のハナタツ2匹がゴージャスで良い感じ。今日はここでけっこうな時間を過ごしましたけど、個人的にも撮りたいと思ってしまうカッコ良さ。今日はフラフラ泳ぎ始めて、一瞬だけペアが並んだそうなんですけど↓

1406043.jpg
             Photo by ざる様

キレイに後ろ向きw
この上なく残念なこのカットを眺めていると、本人の悲鳴が聞こえてきそうw

[edit]

晴れましたー 

6月3日(火)

晴れ 気温24℃ 水温17~19℃ 透明度8弱~10m 良好

ここ数日に比べて随分と涼しく感じる一日でしたが、思いのほか天気が良くてご機嫌でしたー。海況は今日もベッタベタの良好。うーむ透明度が・・・目立つ浮遊物はないんですけど、すごく白っぽくて抜けてくれない感じでした。

1406031.jpg
             Photo by たにぐち様

最近カメラを始めたばかりというゲストでしたので、じっくり1番周辺を2回行って参りました。
アワセイソハゼsp.なんか良い練習台ですねー。そんなに引っ込まないし、ストロボの位置を調整するのにも格好の相手でした。

1406032.jpg
             Photo by たにぐち様

今年もアオサハギがいつもの場所に集まり出してます。雄がなかなか良い色を出していたんですけど、嫌われてしまったので雌をじっくり撮って頂きました。丁寧に挑まれてましたわー。だいぶカメラに慣れたようですので、次回は更に期待です(`・ω・´)シ

[edit]

早朝に 

6月2日(月)

晴れ 気温16℃ 水温16~19℃ 透明度10弱~25m 良好

午後に用事があったので休みとさせて頂きましたが、早朝にちょろっと1本だけ潜ってきました。今日も超ベタ凪。16℃の超クリアな潮が-20m付近まで上がってまして、そこはスーパーブルーの世界が広がってました。週末にこうであって欲しいな、と素で思います。
右方面へ向かったのですが、オクリダシを出た途端から猛烈な向かい潮。浅場でこれだけの激流は久々でした。ド根性で進んでいったんですけどね、結局心が折れて戻ってきました(´;ω;`)

1406021.jpg

メシマウバウオをこんな時期に見つけたのは初めてです。いつもは真夏なんですけどねぇ。思いっきり成魚サイズだし、潮間帯でも更にもう1匹見つけたんですよ。死滅回遊魚だと思ってましたけど、もしかして周年ごく少数が生息してるとかいうパターンだったりするんかいなー?
何ともまた課題の増えるのを見つけてしまいました・・・。

[edit]

ベタベタ~ 

6月1日(月)

晴れ 気温27℃ 水温16~19℃ 透明度10弱~20m 良好

この上なき快晴ベタ凪(`・ω・´)シ 午前中にけっこう流れていた事以外はまったり過ぎて、コメントが思いつきませんわー。

1406011.jpg
             Photo by せーのF様

今日は久々に右に左に大返しという攻めまくりの一日でした。
午前中は皆でニューポイントへ足を踏み入れてみました。ハナダイ各種色々と確認出来ましたが、流れにけっこう泣かされたのが痛かったです。まぁそれはさておき、ハナダイ乱舞の景色には圧倒されましたねー。いよいよシーズン到来という印象を受けました。
2本とも勝負に出た一日でしたが、↑いわゆるヒトスジスズメダイなんかは比較的じっくり撮って頂けたようで何よりでした。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。